Blue Field

デザイナーとして働く2児の父

負け組のヒガミ

友人の知人なので僕はそんなに親しくはなかったが、それこそ『勝ち組』だと聞いていた夫婦が離婚することになった。
 
今の離婚は『金銭』や『浮気』だけではなく、単なる『性格の不一致』が原因になっていることが多いようだ。さらに、今は子どものために我慢して夫婦をやっているが、子育てを終えたら離婚するかもしれないと考える夫婦が多いと言う記事もどこかで読んだ。その兆候は離婚する何年、何十年も前から出ているらしい。

『勝ち組』と言えば『成功』とか『高収入』と言うワードが目につく。そういう意味では自分は『負け組』だが子どもには『勝ち組』になってもらいたいと思うのが親の常といえよう。親は子に高い教育を受けさ高学歴を武器に一流と言われる職業に就いて欲しいと願うものだ。でもそんな実体のないないモノで本当に人生に勝ったと言えるのだろうか?
 
僕の目に映る『勝ち組』は、たくさんの経験から本当にやりたいことを見つけて、やりたいことを学び、やりがいを感じられる仕事に就いて、そのなかで多くなくていいから親友や仲間を作り、いずれは心通わせることの出来る優しい人間と家族になり、素敵な家庭を築いてる人こそ本当の意味での『人生の勝ち組』なんだと思う。そのために必要なお金は持っていなくてはならないし、知識や技術は習得していなくてはならないのは確かだが。
 
名門大学を出た夫?元モデルの妻?お受験に合格した息子?高級外車?豪邸?『勝ち組』どころか『負け組』の香りがプンプンする。これって『負け組』のヒガミなのかな?苦笑