Blue Field

デザイナーとして働く2児の父

嫌味と皮肉

まれに【嫌味皮肉ばかり言う人がいる。メンヘラなのかアスペなのか、とにかく病気じゃないかと疑ってしまう。似てるもので【いじる】と言うのがある。僕は結構この相手を【いじる】人間だったりする。イジっている本人からすれば、相手の弱点を笑いに変えて肩の力を抜いてあげるという愛情の裏返しなのだが、まれに相手を不快にさせる場合もあるので気を付けなくてはならない。
 
しかし、【嫌味皮肉】は誰もハッピーにはならない最低な行為【嫌味皮肉】を言う人の心理としては、思いやりの精神が欠落してるとしか言いようがない。それでいてどこか自分に自信が持てない人に多いと思う。だいたい会話していても全然面白くないし、建設的でハッピーな話には成りえない。
 
自分の子どもはどうなんだろう?とくに次男坊は口が悪いのだが、学校や外でも同じなのかと心配してしまう。学校の方針なので先生も本当のことを教えてくれないだろうし、通知表にも書いてくれないだろう。友達に聞いてまわるのもおかしいだろう。
 
結局は僕ら親が気を付けるしかないんだよね。小さい頃から【嫌味皮肉】ばっかり言う奴はきっと家で親の【嫌味皮肉】をたくさん聞かされているのだと思っているからね。