Blue Field

デザイナーとして働く2児の父

絵本棚の整理

あれだけ絵本が好きだった長男も少しづつだが活字本を読むようになった。子ども部屋の本棚にはすっかり出番をなくした絵本たちが埃を被っている。少し処分しようと本棚の前に腰を下ろすが結局1冊も捨てられない。中にはこのブログでも紹介した僕が子どもの頃からずっと所持してきた作品もあるが、しっくり来な買った作品もある。でも結局は何も処分できずに埃を払ってなるべく高さを揃えて元の本棚に戻すだけの作業。そんな捨てられない絵本の中で、子ども達に読み聞かせるのが好きだった絵本を見つけた。

3冊出版されてるシリーズ本だが。でも僕が好きなのは1作目の『どろぼうがっこう』
 

f:id:mivec0280:20170919182242j:plain

 どろぼうがっこうの『くまさか』先生と生徒の掛け合いが面白い。子どもにテンポよく読むのが難しいが、上手く読めるとこちらも気分が良いのだ。そんなことを思い出しながら、また結局捨てられず本棚に戻すだけになってしまった。