Blue Field

デザイナーとして働く2児の父

まさかの老眼

僕はもともと乱視だったが、ずっと眼鏡で視力が出ていたので不便は感じなかったのだが、40を過ぎた頃から夜になると急に目がかすみ出してきた。それがここ半年くらいで小説やスマホの文字もぼやけるほどに悪化した。眼鏡の度数を下げることで少し解消したがそれでも仕事のあとや暗闇で細かい字を確認するときは眼鏡を外した方が良く見えるほどだ。数年前までは『老眼』を他人事のように馬鹿にしていたのに、なんとも情けないことだ。

幼い頃から勉学に励んだことも読書に耽った記憶もはないので、好きだったTVゲームの影響なのか、それとも毎日パソコンに向かって仕事をしてきたからなのか、それら複合的なものが原因なのかは分からないが、幸い眼科で検査を受けて緑内障白内障ではなく、年齢相応の健康な瞳であると診断されたので、自分はもう若くないのだと『老眼』と上手く付き合うしかないのだと思うようにしよう。

いきなり『老眼鏡』は抵抗があるので、まずはさらに度数を落とした眼鏡を使い分けようと思う。また、ピント調節をする毛様体筋が衰えているので目薬も使うようにしてみた。いろいろ試したわけではないが、防腐剤無添加と言う理由で参天製薬の『ソフトサンティア ひとみストレッチ』を愛用している。ピントが良く合うようになったと言う実感はないが、痛かったり冷たかったり刺激が少ないので安心してオススメしたい。
 
歳はとりたくないものですね(苦笑)
 

f:id:mivec0280:20170726174542j:plain

 

広告を非表示にする