Blue Field

デザイナーとして働く2児の父

シュノーケリングのテンションをあげる

我が家では日頃から買物や公共料金、自動税の支払いまでカードで決済にして貯まったポイントをマイル交換し旅行や帰省の交通費にしている。初めて子どもたちと沖縄を訪れて以来、長男はすっかり沖縄の海に魅せられた。その時の離島ツアーでレンタルした水中マスクとシュノーケルがすっかり気に入ったため次の沖縄旅行のときには自前で用意していった。しかし本人的にしっくりこなかったのか直ぐに普段から使い慣れているスイミングゴーグルの方を使っていた。レンタルしたマスクが特別だったわけではないが、1点だけ違った点はレンタルしたマスクのベルト部分にはあるアイテムが装着してあった。


それが『マスク・ストラップ・カバー』と言う商品。マスクの着脱時に髪の毛がからまずスムーズに着脱できるので髪が傷まずストラップのよじれも防ぎマスクの脱着が劇的に楽になるようだ。

 

f:id:mivec0280:20170718113422j:plain
これがその『マスク・ストラップ・カバー』Amazonで下は500円くらいから高くても3,000円程度。安過ぎても不安なので今回は1,000円程度のカバーを購入してみました。

 

f:id:mivec0280:20170718113431j:plain実際に『マスク・ストラップ ・カバー』を装着したダイビングマスク。

f:id:mivec0280:20170718113427j:plainたったの千円程度でお持ちのマスクの着け心地が劇的に良くなります。

 

マスクはとくに高価なものではなくホームセンターなどでも見かける子供用。

 

f:id:mivec0280:20170718113436j:plain

【リーフツアラー】
ホームセンターやドンキホーテでも良く見かける定番商品。販売元が東京に本社を構える株式会社タバタと言うのも安心です。

 
【AQA(エー・キュー・エー)】
こちらも老舗マリンスポーツメーカーの株式会社キヌガワなので間違いありません。ただしどちらもシュノーケルが蛇腹タイプで口から離すと下に垂れ下がるタイプならより好ましいので、ご予算に余裕のある方は別々に揃えても良いかもしれない。