Blue Field

デザイナーとして働く2児の父

駅で見かけた優しい他人

何気なく利用している電車ですが、日常生活において全くの他人同士がこれだけ接近する空間も珍しいのかと思います。人も多ければ、それだけたくさんのドラマにも遭遇します。そんな駅や車内で遭遇した心温まる実体験を3例をほど紹介します。
 
一つ目は、15年くらい前の出来事だったと思います。ある駅のホームで電車を待っていたときのことです。学生カバンを肩に引っ掛けて大股で歩いてくる高校生男子。『不良』とまではいかない感じの少し硬派な雰囲気でした。その高校生が歩きながらカバンを持つ手とは逆の手で、ホームに設置されたエレベーターのボタンを「バンッ」と乱暴に叩きました。ボタンは押されましたが、彼はエレベータを待つわけでもなく僕の前を通って出口のあるホームの端へと歩いて行きました。「感じ悪いな」するとその後から、両腕で松葉杖をついた中年男性がやってきました。その松葉杖の中年男性がエレベーターの前に立つと同時にエレベーターの扉がスッと開いたのです。高校生は後から来る松葉杖の男性がエレベーターを使うだろうと予測し、それを待たなくていいように、もしくは杖をつきながらボタンを押す不便さを考慮し、先にボタンを押しておいた...かは定かではありませんが僕はそう解釈し感心しました。

二つ目は、これも10年以上前のことだったと思います。電車の中である若者が初老の女性に席を譲ろうとしました。「どうぞ座ってください。ボクは降りますので」その初老は、若者にお礼を言って座席に座り、若者は次の停車駅で出て行きました。でも、僕はその若者の行動を見逃しませんでした。なんとその男性は同じ列車の隣の車両に乗車したのです。皆さんも経験ありませんか?席を譲った後のあの「少し気まずい空気」照れくさいような、その場から離れてしまいたくなるあの感じ。譲った相手と目が合ったり、下車するときに「どうも」と会釈をされたりするあれ。きっと若者は、席を譲った人にそんな気遣いをさせないよう車両を変えたのだと思い、可能な限り僕も真似しています。
 
三人目は、実際に我が子が受けた親切です。混み合う電車の中で立ちながらグズリ出した息子の目線に高校生くらいの男性のリュックがありました。そのリュックには何やら変わった人形の付いたキーホルダーがぶら下がっていました。電車に揺れる人形が気になってしょうがない息子がそのキーホルダーを触りはじめました。僕は「ダメ!」だと注意しました。しかし、気になって仕方ない様子でその人形を引っ張り出した息子。リュックの男性もそれに気付いたようですが、嫌な顔一つせず「いいですよっ」と言ってくれました。そして、客が少なくなったところで、自分のリュックからキーホルダーを外して息子に「いる?」と言ってくれたのです。

このように友人でも知人でもない人との触れ合いがあるのは、互いの距離が近い都会の電車ならではの光景ではないかと思うと満員電車や通勤ラッシュもまんざら嫌なことばかりではありませんよね。
 

神も仏もいない

忘れた頃に必ずテレビやネットのニュースで流れる虐待やDVによる事故や事件。

何年か前のこと。夜の住宅街を歩いているとマンションのベランダから女の子のすすり泣く声が聞こえた。僕の考え過ぎなのかもしれない。ちょっとしたおしおきかもしれない。でも気になってしばらくその場を離れることができなかった。

ファミレスで食事をしていたときのこと。子供がテーブルに何かをこぼしただけで聞き取れないくらいの早口で怒鳴りはじめ、我が子の頭を叩く母親。顔を真っ赤にしカッと目を見開いたその顔はとても人のものではないと震えた。

駅の改札口で幼児スーツに蝶ネクタイの3、4歳の男の子がスタバのクリームたっぷりのドリンクを床にぶちまけてしまった。改札機の床も男の子もクリームでベトベトである。前を歩いていた母親は 「何やってるの!」「ダメだ...もう間に合わない...」 と連呼する。子どもはワンワンと泣いている。逆ギレもいいところだ。

おもちゃ売り場から子どもの泣き叫ぶ声がした。「お母さんごめんなさい!」「あんたなんかが触わって壊したら弁償できるの!?もうお母さん行くからっ!」「待ってお母さん!ごめんなさい!ごめんなさい!」「ほらもう49分じゃない!この馬鹿がっ!」 と言い子どもの顔を平手やグーでバシバシと殴りだした。

スーパーのエスカレーターで母親が小学4年生くらいの娘に「お前バカだろ!だから勉強も出来ないんだよ!」「こっちは働いて疲れてるのによー!」「何でも欲しい欲しい言いやがって!」「そんなに欲しけりゃテメーで働いて買えよ!」「帰ったらそのまま出てってもらうからな!」女の子はずっと泣いていた。
 
子供を3人連れて洋服を選んでいる母親がいた。3歳くらいの末の男の子が洋服の隙間に隠れてハンガーを下に落とした瞬間、母親が平手で子供の頬を叩いた。子供は倒れこみ泣き出した。

まだまだある。
 
虐待の現場に遭遇すると涙が出そうになる。この子たちは本当に怒鳴られ殴られるほど悪いことをしたのだろうか?この世に生を受けたのに、こんな不公平があってよいものだろうか?そしてその感情は激しい怒りへと変わるのだ。
 
育った環境や社会のせい?ホルモンの影響だって?そんなの全く関係ない。なぜなら彼ら彼女らは人の成りはしているが実際は人間ではないのだから。
広告を非表示にする

水中マスク

我が家では日頃から買物や公共料金、自動税の支払いまでカードで決済にして貯まったポイントをマイル交換し旅行や帰省の交通費にしている。初めて子どもたちと沖縄を訪れて以来、長男はすっかり沖縄の海に魅せられた。その時の離島ツアーでレンタルした水中マスクとシュノーケルがすっかり気に入ったため次の沖縄旅行のときには自前で用意していった。しかし本人的にしっくりこなかったのか直ぐに普段から使い慣れているスイミングゴーグルの方を使っていた。レンタルしたマスクが特別だったわけではないが、1点だけ違った点はレンタルしたマスクのベルト部分にはあるアイテムが装着してあった。


それが『マスク・ストラップ・カバー』と言う商品。マスクの着脱時に髪の毛がからまずスムーズに着脱できるので髪が傷まずストラップのよじれも防ぎマスクの脱着が劇的に楽になるようだ。

 

f:id:mivec0280:20170718113422j:plain
これがその『マスク・ストラップ・カバー』Amazonで下は500円くらいから高くても3,000円程度。安過ぎても不安なので今回は1,000円程度のカバーを購入してみました。

 


f:id:mivec0280:20170718113431j:plain実際に『マスク・ストラップ ・カバー』を装着したダイビングマスク。

f:id:mivec0280:20170718113427j:plainたったの千円程度でお持ちのマスクの着け心地が劇的に良くなります。

 

マスクはとくに高価なものではなくホームセンターなどでも見かける子供用。

 

f:id:mivec0280:20170718113436j:plain

【リーフツアラー】
ホームセンターやドンキホーテでも良く見かける定番商品。販売元が東京に本社を構える株式会社タバタと言うのも安心です。

 


【AQA(エー・キュー・エー)】
こちらも老舗マリンスポーツメーカーの株式会社キヌガワなので間違いありません。ただしどちらもシュノーケルが蛇腹タイプで口から離すと下に垂れ下がるタイプならより好ましいので、ご予算に余裕のある方は別々に揃えても良いかもしれない。

 

 

広告を非表示にする

夢といっても将来の希望ではなく、幼い頃に風邪などが原因で高熱を出したときに見る夢のこと。暗い世界で緑色のスライム状の塊がどんどん増殖し世界を覆い尽くそうとする。逃げないと何もかもが飲み込まれるので必死に逃げる。とてつもない圧迫感、虚無感のなかずっと逃げるのだ。その増殖をとめる唯一の方法は緑色のスライムをひたすら食べ続けること。そこから生まれる義務感。食べても食べても減らないことへの絶望感。それでいて頭の片隅では「これは夢なんだ」と分かっていて「最後は自ら目覚めればこの悪夢は終わる」ことも知っている。ディティールが少し違っていても高熱によってうなされたときの夢は決まってこの類のものであったから不思議だ。大人になった今では見ることはく子どもにしか見れなかった『何か』があったのだろう。

広告を非表示にする

次男坊の愛車

 

小学2年生の息子の友人が少し離れた公園まで行くのに息子を誘いに来てくれた。原則4年生になるまで子どもだけでの自転車での外出は禁止されていることもあり、キックボードに乗って移動する子どもが多い。『キックボード』とは僕のイメージだと子ども頃に何人かが所持していた『ローラースルーGOGO』の現代版だと認識している(笑)別に他意は無く友達の一人が『なんだお前キックボード持ってないのかよ!?』と言われ『お兄ちゃんのはあるんだけど...』と息子は答えた。本来ならお下がりがあたるのだが長男もちょっとした移動に使用するため、キックボードはまだお下がりとして成立していないのだ。考えてもみれば今まで次男に何かを買ってあげた記憶があまり無い。少し可哀想だったので弟にも1台購入することになった。



長男はヨドバシカメラで実際に試乗して気に入った『JD RAZOR MS-105』に乗っている。他社製品と比較検討したわけでは無いが、ボディーの作りは頑丈でタイヤの減りも少なく、今も買った当時とほぼ変わらない状態を保っている。ただしショルダーストラップは不要だと思った。以上を考慮して次男にも同じ『JD RAZOR』をオススメしてみた。幸いにもグレードやカラーも豊富で何より大好きな兄貴と同じモデルなら言うことなしだ。

f:id:mivec0280:20170703154031j:plain
シルバーの方が長男の『JD RAZOR MS-105』のパープル(確か6,000円ちょっと)そして弟がAmazonで選んだのがブラックボディーがかっこいい『JD RAZOR MS-205R』のブルー(7,990円プライム会員)で『MS-105』と比べ、ストラップが付いていないぶん安い設定となっている。

 

f:id:mivec0280:20170703154025j:plain
一見すると色違いのようにも見える2台だが、弟の『MS-205R』の方は前輪に内臓されたライトが発光する。無駄な装飾にも思えるが暗くなってからの視認性は断然高いのでオススメしたい。

 

f:id:mivec0280:20170703154019j:plain
またステップも『MS-205R』の方が若干短くて後輪のタイヤも小さい。ただし、兄弟で交換してもお互い違和感なく乗れたため気にするほどの違いでは無いだろう。1点だけ弱点を挙げるなら『MS-205R』のブラックは塗装なので擦れたりすると剥がれやすい。また、このシリーズはどれも折りたたみ可能だが潤滑剤などを吹かないと可動がスムーズにいかなくなるので最低限のメンテナンスが必要なのは自転車と同じである。

 

またブレーキは後輪を上から踏みつけて止めるがそれなりになれが必要である。もし心配なら少し高いが自転車同様にハンドルにブレーキレバーが付く『JD RAZOR MS-105R-B』をオススメしたい。

 
商品が届いてからというもの嬉し過ぎて何かと言うとキックボードで出かけている。先日は折りたたんで小金井公園まで行って半日ずっとボードに乗っていた。スケボーと違いハンドルがあるので誰でも簡単に乗りこなせるのも特徴だが、昔の『ローラースルーGOGO』も事故が頻発して問題となった記憶がある。息子たちにも正しく使ってもらいくれぐれも事故には気をつけるよう言い続けるつもりだ。

広告を非表示にする

人間ドックのススメ

今までは年齢など気の持ちようだと考えていたが、先日の人間ドックの検査結果に眼底検査と、あとピロリ菌検査で陽性反応が出ており再検査となっていた。ちなみに現在、40代前半の僕が過去に経験した検査及び治療が以下になる。

・人間ドックの胃カメラ検査(鎮静剤なし)
・人間ドックの胃カメラ検査(鎮静剤あり)
・人間ドックのバリウム検査
・大腸ポリープによる大腸内視鏡の再検査(良性と診断)
・便が黒く細くなり大腸内視鏡検査(軽い炎症と診断)
・腎臓結石による入院と手術(尿管ステント留置)

こうして並べて見ても実際に大きな病気と言えば腎臓結石をやったくらいで、年齢相応ではないだろうか。しかし今回の眼底の異常とピロリ菌はリアルに受け止め直ぐに再検査を受けようと思った。それはまだ自分は失明するわけにも死ぬわけにもいかないと思ったからで、二人の息子を立派にとは言わないまでも自立できるようになるまで育てるのが僕の義務であり、何より彼らの成長が見られないのは無念としか言いようがないからだ。
 
再検査の結果はまたブログで報告したいと思う。
 
ちなみに人間ドックの選定は妻から『ここカラダ』と言う予約サイトを教えてもらった。希望の場所と検査の内容を選んで検索すれば該当する医療機関がヒットするいわば病院版『楽天トラベル』と言ったところだ。ここで会員登録(無料)を済ませ仮予約すれば後日、医療機関から折り返し確認の電話があり確定するという簡単な流れだ。他のサービスと比べたわけではないがネットサービスに詳しい妻からの紹介なので間違いないと思う。
 
または、お金に少し余裕のある人は聖路加国際病院附属クリニック予防医療センター』の日帰り人間ドックもおすすめしたい。僕も子どもが生まれるまでは妻と共働きで少し余裕があったため聖路加の人間ドックを受けていた。スタッフが皆親切でゆったり検査が受けられた。個人的には検査後の食事で暖かいスープにパンやヨーグルトなどがおかわり自由だった記憶がある(笑)もっとも今となってはどうでも良いことだけど。
 

林間学校

【小学5年の兄】
昨夜、仕事から帰ると居間で妻がチェックリストを読み上げ、長男がそれに記名してバッグに詰める作業をしていた。いよいよ明日から待ちに待った林間学校。今朝は5時半に起床し、最後に久しぶりの手作り弁当をナップザックに入れて6時40分に「行ってきます!」と家を出た。息子にとって学校の友達と過ごす2泊3日は楽しみではあるが、恒例行事の『肝試し』だけが唯一引っかかるようだがどう乗り切るのか楽しみである。

【小学2年の弟】
朝起きると「兄貴は?」と聞くので「もう行ったよ」と告げる。他の家のことは分からないが我が家の次男坊はとにかく兄貴が大好きだ。可哀想に弟が慕うほど兄の方は弟のことを可愛がっているわけではない(苦笑)朝食の時も若干元気のない様子だったが、それも小さな試練だと思って乗り切るしかなさそうだ。
 
林間学校の行き先が今から30年以上前に父親である僕が訪れた場所と同じだった。我が子が自分と同じ行事に参加すると思うと感慨深いものがある。当時は二晩も親元を離れる大イベントに興奮したものだが、親としては近場(お隣の県)だし、例え忘れ物をしたところで何とでもなるし、あとは怪我や病気をせず無事に帰って来てくれればという想いだけなのだと当時の母親の気持ちが分かりました。
広告を非表示にする